ドラクエ10 独りじゃない

DQXTVで紹介されたver3.1後期情報がHPにも載っていますね。

28日予定とのことで、間がずいぶん空いたな・・・って印象でした。

強敵ボスを倒して新アイテムゲット! 「常闇の聖戦」は
ソロプレイヤーには嬉しくない、「強敵を倒して限定アイテムを得る」ということです。
キラークリムゾンとかはいいんですよ・・・俺より強いやつに会いたい人は挑戦するコンテンツとして、、、
今回は「限定アイテム」が手に入るので半ば強制的に参加しなくちゃならないような感じがするんですよ。
おしゃれ装備は・・・まぁいいとしましょう。でも顔アクセサリーが怖い。
これが、有効的なアクセだったらPT組んでの参加必須になってしまう。これが嫌だ。
日替わりの難易度らしいので、最弱の日はサポでも倒せるような調整にしていると期待・・・

画像

「PT組まないならなんでオンラインゲームをやっているの?」って思う人もいると思います。
特になんでもPT組んでやる人は私みたいなボッチプレイヤーを見ると、オフラインゲーやればいいのに・・・とか思うかもしれません。

PT組んで強敵を倒す・・・当然そういった楽しみもあります。オンラインゲームの醍醐味といっても過言ではないでしょうね。でもね、これだけがオンラインゲームのすべてではないのですよ。

例えば、、、メギで日替わり討伐を並んで買う。
これもドラクエ10オンラインの楽しみだと思うのです。
クエスト受注のために一列に並んで待つ。オフラインじゃできない楽しみ方。

画像

例えば、、、いつも同じサーバーでやっていると、ただすれ違うだけの他の人のキャラでも、見覚えの馴染みがでてくるんですよね。
最近いつもオルフェアの町酒場でこのキャラ(人)に会うなー、プレイ時間帯同じなんだなーと思いながらサポを探すのも楽しいです。
そして、そのキャラに町中以外のピラや魔塔などですれ違ったりするとなんだかうれしいんですよね。

画像

バザーを見るのだって楽しい。
均一価格のオフラインゲームと違って、オンラインの相場は常に変動します。
先月まで投げ売りで買えてたホカホカストーンとかが今では通常価格に戻りつつあるんですよ。ver3.1開始付近に買いだめしておいて良かったなぁと味わえるのもオンラインならでは。

画像

エアフレンドの存在も大きい。
私はフレンド10人いないですし、すでに半分ぐらいが引退しているのですが、残ってる人がINしているとやっぱりうれしくなりますね。
全員エアフレンド(形だけのフレンドで実際にPT組んだりしない間柄)なので、PTはもちろんフレンドチャットとかもしないですが、INしているのを見ると嬉しくなります。
エアフレンド達は結構ガチよりな方なので、装備や宝珠、スキル振りなどの参考に凄くなってくれるんだよねー。
直接お礼をいうことはないけど、ありがたいことですね。


そりゃあ、気軽にPT組む人いないってことが辛いなぁ・・・って思うことが多々あるけど、ぼっちで良かったぁと思うことも沢山あるからね。

「みんなで」「ひとりで」その両方のプレイスタイルでできるドラクエ10が私には合ってたんだよなぁ・・・

だから、日課に強敵討伐で限定報酬、みたいなことはやらないでほしかったな。
8人PT、コインボスとは違う、「ひとりで」を否定するように見えるコンテンツ。
このコンテンツの調整で運営の考えもわかるでしょう。ver3.1後期・・・いろいろな意味で楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ほとんどソロの人
2016年05月23日 03:05
随分過去の記事にコメント失礼します。
少し前からプレイ日記を拝見していました。私もソロだったり、たまに家族と一緒に遊ぶ程度のプレイヤーなので、他のソロ派(少人数派)の人がどんなプレイをしているのか気になったもので…。
おっしゃる通りで「ひとりで」を否定するように見えるコンテンツばかりが実装されて辛いです。
かといって今からチーム入ってみたり、フレンドを募集したところで長続きするようなフレンドはできませんでした。
もう既に固定のコミュニティがガッチリできあがっているからそこに新人が入り込む隙間はありません。
4人パーティという概念があるから大人数で4つの席を奪い合う椅子取りゲームのようです。

こうなるとソロだけど誰かと遊びたいのに、ソロだから高難易度コンテンツから溢れ落ちて人脈を広げるコンテンツにはますます参加できないという悪循環にもなっていきます。
ネトゲってこんなにつまらなかったかな~と昔遊んだネトゲをふと思い返していました。